会社情報

レスポンシブル・ケア方針

わが社は、企業理念として、「私たち日宝化学は優れた技術、製品を創造し、人と社会に貢献します。」と宣言した。

その実践のために、ヨウ素、天然ガス資源を有効活用し、優れた技術、製品を創造し、国際性豊かな高品質・高付加価値製品を製造しているファインケミカル会社として、環境問題の重要性及び環境保全のために企業が果たすべき役割を深く認識し、全ての事業活動、製品及びサービスにおいて、あらゆる面で地球環境保全に配慮した活動をめざすことで、社会に貢献することを当社の重要な経営施策と位置付ける。

わが社は、企業も社会を構成する一員であり、その存在自体が、地域社会はもちろん、広くは世界の良き企業市民でなければならず、その活動は、製品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て、廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたって、環境と安全、健康を保護するよう配慮する視点を大切にし、「持続可能な開発」という原則の下に、地球規模での環境保全・保護に調和させるよう配慮することを基本とし、環境、安全、品質に関し、以下のことを最優先事項として取り組む。

1.
製品の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て、廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたって、環境負荷への配慮と、環境保護に努める。
2.
無事故、無災害を目指し、従業員と社会の安全の確保に努める。
3.
原料、中間品、製品など取り扱う化学物質の安全性を確認し、従業員、物流関係者、顧客など関係する人々への健康に配慮する。
4.
顧客が、満足し信頼する品質の製品とサービスを安定的に提供する。

わが社は、この基本方針を全ての従業員が正しく理解し、その重要性を自覚し、全ての事業活動を通じて、実践していくことに努める。

この基本方針の実践についての最高責任者は社長とする。なお、RC統括室長は社長を補佐し、RC室は全社的施策の企画、指導、監査等を担当する。

制定 2008年6月4日
改定 2015年6月11日
日宝化学株式会社
代表取締役社長 内海勝議